<< 【kotori729】九州の黄色い電車 | main | 【kotori731】太宰府 うそ笛 >>
2013.10.22 Tuesday

【kotori730】太宰府 うその餅

福岡の太宰府天満宮にいきました。
菅原道真が祀られている、お勉強関連でも知られた神社ですね。
博多から電車で小一時間、のんびりとした車窓を眺めながら太宰府駅に到着。

駅から太宰府までは参道になっていて、たくさんのお土産屋さんが並んでいました。
その中でも一瞬で私の心をとらえたのはこちら。

大宰府 うその餅 kotorilab コトリラボ.jpg

「うその餅」
うそです。いやっ、うそじゃなくて!
うそじゃない、うそです。

うそとは、幸運を招くといわれる神鳥。すずめ科の小鳥です。
太宰府とうそは深い関係があるそうで、太宰府にはたくさんの関連グッツがありました。
そちらも順番にご紹介していきますね。

さて、このうその餅。じつは太宰府に来る前にその存在を知っていました。
でも太宰府で売っているとは知らず、見つけた時に「これだ〜!」と思わず興奮。


箱をあけると、薄い紙のベールに包まれたうその餅。
大宰府 うその餅 kotorilab コトリラボ 2.jpg

その神秘のベールを開けると・・・


大宰府 うその餅 kotorilab コトリラボ 3.jpg

ちょっと青っぽい緑の粉の中に、小さい白いもの。
紙に包まれています。

その紙も開けると。。。
じゃーん!
大宰府 うその餅 kotorilab コトリラボ 4.jpg

うそで〜す!!

小さいうそ。いや、ほんとだって。

この青っぽい粉の中にはお餅が入っています。
粉は少し払って食べると、紫蘇の風味が広がってとっても美味しい!
周りの人にもとっても好評でした。


大宰府 うその餅 kotorilab コトリラボ 5.jpg

もちろん小さいうそは、食べ終わってもそのまま飾ってありますよ。
小さいプレゼントの付いたこのお餅、手土産としてもちょうどいいかも。
もらったら嬉しいです。わたし。

【以下はお店ホームページより】
うそ(鷽)とは実在の鳥で、天満宮のご神鳥です。戦後間もなく、みんなの心が沈んでいる時に少しでも楽しいお菓子を作ろうと、このうそ(鷽)にちなんで作ったのがうその餅です。
うその餅の中には、お守りとして博多人形のうその鳥が1箱に1個ずつ入っています。お正月から2月の間には木彫りの「木うそ」が入ります。

・・・戦後にみんなに楽しんでもらうために考えたのですね。いいですねこういう遊びごころ。
そして、これは博多人形のうその鳥なのね。表情もとってもかわいい。
太宰府の記念に大切にとっておきます♪



 
コメント
そうそう。うそ餅のうそもうそみたいにかわいいと思ったそうだ。

シャレテル!
昔からあるお菓子ってやっぱり今まで続いている理由があると思う。
今なら衛生がどうだこうだと言われそうだけれど、
やっぱりこういうシャレた心は忘れたくないよね。
  • torako
  • 2013.10.22 Tuesday 18:15
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
facebook
Kotori LAB - lovely birds

Facebookページも宣伝
Selected Entries
Categories
Archives
Recent Comment
Recent Trackback
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM